特色ある取組

  • 心を開放し、実体験を大切にしながら、遊びこめる子どもの育成
  • 都会の中に在りながら、広々とした園庭や大きな築山・川等があり、自然の豊かさを体で感じることができる幼稚園です。保育の中で、様々な自然体験ができるように工夫しています。樹木や草花、飼育動物など、生きものとのふれあいを通して生命を大切にする心や相手の思いに気付く心の育ちを大切にした保育に取り組んでいます。
  • 一年を通して園畑で野菜や草花の栽培を行い、おうちの方とのふれあい、野菜や花を育てることの楽しさを、みんなで経験できるようにしています。

 

  • 3歳児からの保育も実施し、一人一人の育ちを大切にしながら、よさを認め伸ばすことができるよう努め、また異年齢児との交流も大切にしています。

 

  • PTA、地域の皆様の絶大なご協力を得ています。

 

  • 預かり保育,未就園児活動を実施していますが、詳しくは園の方にお尋ねください。 

  「お知らせ」のページにも詳しく記載しております。合わせてご覧ください。             

 
 就学前教育カリキュラムパイロット園所研究

   「おはなしから、心はずませて表現することを楽しむ子どもを
                 育てるための指導のあり方を考える」
   〜就学前教育カリキュラム改訂版(案)を活用した教育実践を通して〜
  • 本園では、平成30年度大阪市就学前教育カリキュラムパイロット園所として、就学前教育カリキュラムに基づいた実践研究に取り組んでいます。
  • 本市では、平成25年3月に改定された大阪市教育振興基本計画に、「幼児期は、社会の一員として生きていくための道徳心・社会性・知性や体力の基礎を培う重要な時期」であることから、その時期に「基本的な生活習慣と道徳性の芽生えを培い規範意識を育てることを重点に、幼児教育において、普遍的な規範を明確化して繰り返し指導することや、知・徳・体をバランスよくはぐぐくむことを重視したカリキュラムを幼稚園と保育所が合同で研究・開発」すると示され、平成27年3月に就学前教育カリキュラムを策定しました。
  • 就学前教育カリキュラムに基づいた実践研究を行っている園所が、取組の発表等を通して市内就学前施設に発信し、本カリキュラムの周知や活用の推進を図っています。
 
  運営に関する計画・学校関係者評価書


○平成29年度 運営に関する計画

○平成29年度 運営に関する計画最終評価及び学校関係者評価書
○平成30年度 運営に関する計画


 学校協議会

○平成29年度 学校協議会第1回目報告書
○平成29年度 学校協議会第2回目報告書
○平成29年度 学校協議会第3回目報告書
○平成30年度 学校協議会第1回目報告書

   
 
園庭の芝生

  緑の芝生でいろいろな遊びをします。