保護者の方の絵本読み聞かせ
今年は猛暑で、たくさんは出来ませんでしたが、良い形の南瓜ができました。
こつま音頭を小学生や地域の方と体験したことが楽しく、園に帰っても活動が続きました。
小学生町探検
 老人憩いの家訪問
未就園児、中学生との交流
      (ふれあいデー・中学校でのたこあげ


異年齢交流
春は虫探しに夢中でした!

   特色ある取組


  太陽がいっぱいふりそそぐ園庭や明るい園舎、泥んこ遊びができる砂場、
  のびのびとした遊びを通して、子どもたちの発達や学びをはぐぐむ。
  〜感動体験を大切に一人一人の思いに寄り添う〜



          











異年齢交流(3・4・5歳児、未就園児、小中学生、地域の方)を通して、
  人とのかかわる力をはぐくむ。




          


 



 



















幼児期に必要な基本的生活習慣(手洗い、うがい、歯みがき、身の回りの始末、
  人の話を聞く態度など)を育成する。
外から帰ったら手洗い・うがい、食後の歯磨き、お部屋の掃除等


          


  













地域の伝統文化にふれる。(こつま南瓜の栽培、こつま踊り)





          













   研究保育

  研究テーマ
 
「豊かな体験を通して表現活動を楽しみ、主体的に活動する子どもを育てるにはどのようにすればよいか 〜就学前教育カリキュラム改訂版(案)を活用した教育課程・指導計画の見直しを通して〜」にもとづいて、6月、7月に園内研究会を行いました。
 
季節に合った感触を楽しむ遊びを中心にしながら、いろいろなものをつくり、遊びに活かそうとする姿が見られました。








          


          


  
広い園庭で のびのび遊ぶ
温かい心にふれて育つ 親しみ、思いやりの心