子どもたちが遊びながら学べる環境をつくっています!
砂、水、土に存分にふれる環境
  砂や水、土は、子どもが全身で感触を味わって遊ぶことで心を開放させる、幼児期にとても大切な環境です。
  本園では、家庭では味わえないダイナミックな遊びが存分にできるようにしています。砂遊び、水遊び、泥んこ遊び、粘土遊び、絵の具遊びなどの環境の中で、豊かな感覚を育てるようにしています。



いろいろな活動が経験できる環境
   ・園内には保育室の他に、広い遊戯室、絵本室、保健室、屋上にはプールもあり、整った環境の中でのびのびと活動したり、落ち着いて過ごす中で試したり工夫したりできるようにしています。
  ・園庭では、一人一鉢の夏野菜を栽培・収穫したり、虫さがしをしたり、木の下の涼しい木陰で遊んだりして、自然環境を活かして季節を感じる保育の工夫をしています。

トップページへ