中大江幼稚園では、年間を通して全学年の児童と交流をしています。その他、常日頃から施設の利用を積極的に行っています。園児にとって小学校は「お庭がとても広くていっぱい遊べる所」・「いつも優しく遊んでくれるお兄さんお姉さんがいる所」・「お勉強をおしえてくれる先生たちがたくさんいる所」・「お兄さんお姉さんが勉強する大きなお部屋がたくさんある所」・・・とその子なりにイメージをもっています。日頃からごく自然に小学校を訪れているので、小学校の施設や小学校生活に親しみがわき、安心して入学を迎えることができます。幼稚園と小学校とが連携を深めていることで、「幼稚園の教育から小学校の教育へ・・」・子どもたちの育ちを無理なくつなげることができます。

1学期の交流の様子

☆5歳児と4歳児が2年生にサツマイモのツルの植え方を教わり、一緒に植えました。幼稚園の花壇だけでなく、小学校の畑(科学園)にも幼稚園用の場所をお借りして、植えました。毎日、5歳児きく組は科学園に出掛けてみずやりをしています!

<6月>

☆5年生は、当日に向けて、絵本や紙芝居を何度も稽古してくれていました。読み聞かせの後は、一緒にダンスをしたり、リコーダー・歌を披露してもらい、園児は美しい音色に耳を傾けていました。

植えた後は、幼稚園のお庭で一緒に遊んだよ
1年生との交流

<7月>

絵本や紙芝居を読んでもらったよ
2年生との交流

<5月>

遠足ごっこ・・・おおきい組と小さい組さんのお散歩。

戻る
お知らせに   戻る

鬼ごっこしよう!
いっぱい走れるね!

サツマイモのツルを一緒に植えたよ
タイヤはもぐっても
面白い!

☆園児と1年生と楽しく交流しました。1年生は昨年まで園児だったけれど、「怖くないよ、そっと入ってね」「そうそう、頑張って!」などお兄さんお姉さんの気持ちでかかわっていて、小学生としての自覚が感じられました。