本文へスキップ


平成30年度 保育内容

園児の活動の様子を、随時紹介していきます。

<平成29年度保育内容>

おはなし会(月1回)

 今里幼稚園で月1回地域の方が絵本の読み聞かせにきてくださっています。集中して聞いている子ども、絵本の一つ一つの絵に反応してお話の世界を楽しんでいる子どもなど、それぞれの楽しみ方で「おはなし会」を満喫しています。

夏野菜の苗植え・幼稚園屋上でスナップエンドウの収穫(5月)

 今里幼稚園の屋上では、サツマイモやマメ、ブドウ、ミカンなどを栽培しています。5月、全園児でスナップエンドウの収穫を行いました。5歳児は咋年度の3学期に自分達で植えたスナップエンドウを見て「めっちゃ伸びてる!前はちょこっとだったのに」「僕ら(の背)と同じくらいや」と話したり、数を数えたりして、自然の不思議さや生長する喜びを感じていました。また、これは高さや長さ、数への興味・関心につながっています。
 これだけでなく、本園では保護者の方と一緒に夏野菜の苗植えをし、毎日水やりや雑草抜きなど、世話をしています。野菜の生長に気付いたり、実り、収穫を喜んだりして、野菜への関心や食への興味が広がっていくことを願っています。

靭公園へ園外保育(6月)

 6月12日、メトロに乗って「靭公園」へ出かけました。朝は穏やかな天気で遊具で遊んだり、木の実や小さな生き物を見つけたりしました。お弁当を食べ終わった頃に、少し雨が降ってきました。子ども達は葉っぱの多い木の下で友達と一緒に雨宿りをしました。貴重な経験ができた一日となりました。

プール遊び

 6月26日よりプール遊びが始まりました。子ども達は「冷たくて気持ちいい!」と水に触れる心地よさを感じ、「プールがピカピカ光っているよ」と太陽の反射で輝く水面に驚いたり、ワニやイルカなど好きな動物になってダイナミックに遊んだりしています。
 夏ならではの解放感を味わえる遊びを、楽しんでいます。

小さな生きものたちとのふれあい

 今里幼稚園ではアオムシやカブトムシ、カタツムリなど色々な生きものを子ども達が世話をして育てています。4月から地域の方にアオムシを頂き、育てています。毎日水を変えたり、幼稚園のミカンの木の葉をあげたりする中で、生き物に対して興味や関心、そして愛着をもつようになりました。
 5月のある日、園庭の遊具にアゲハチョウのサナギがついているのを見つけた子ども達。「みんなー、サナギおる!」「なんでこんなところおんのかな」と不思議そうに見ていました。「サナギに手があたらないようにおもちゃをいれよ」「入口に看板つけよ」「紙貼ったらいいねん」とサナギを守るために自分のアイデアを出し合う姿が見られました。このような小さな生きものと出会いや関わりを大切にしていきたいと思っています。


運動会(9月)

 9月28日運動会を行いました。あいにくの天候でしたが今里小学校講堂講堂で、子ども達は力一杯、運動遊びを楽しみました。先生や友達と一緒に体を動かして遊ぶ中で、もっとやってみようという挑戦意欲や粘り強さ、友達と力を合わせる共同性なども育くまれました。
 運動会最後には、担任の先生から一人一人金メダルをかけてもらいました。
 みんなみんな、がんばりましたね。

地域探検(10月)

 地域の東成消防署へ行ってきました。近くで見るはしご車や、消防ポンプ自動車、ミニ消防車などに子ども達は大喜び!救出訓練をしているところも見せていただいて「(ハシゴを登るのが)すごくはやい!」と驚いていました。
 消防士さんの仕事を知り、自分たちが守られていることに感謝の気持ちをもつことができました。


あいさつ週間

 今里幼稚園では「あいさつ週間」に取組んでいます。あいさつ当番の子どもは登園して来る友達一人一人にあいさつをします。初めははにかみながらあいさつしていた子どもも、回を重ねるにつれて元気な声で進んであいさつできるようになってきました。
 あいさつはコミュニケーションの第一歩。これからも一人一人をしっかり見守り、あいさつする気持ち良さや、大切さを知らせていきたいと思います。


芋掘り園外保育(10月)

 芋掘り園外保育に行ってきました。芋畑にたくさんの芋が待っていることに期待をもちながら、電車に乗って出かけました。「見て、めっちゃでっかいお芋掘れた」「なんかおもしろいな、この形、でこぼこや」「こすったらピカピカになった、きれい!」と、芋の収穫を友達や教師と喜びました。 帰りは、収穫したお芋をリュックいっぱい背中にしょって、幼稚園まで元気に帰ってきました。
 充実した一日となりました。


お問い合わせ

大阪市立 今里幼稚園

〒537-0012
大阪府大阪市東成区大今里1-37-7
TEL.06-6971-8317
FAX.06-6974-4910