安全管理・防災等



●安全管理の方針
大事なお子たちの「安全」を守る
走っていて転んだ、お友だちとぶつかった…。一日の幼稚園生活の中でも、いろいろな事故が起きる可能性があります。その危険性を少しでも減らすために、日頃から、安全指導、保育内容の安全性の確認、設備の点検などをし、お子たちが安心して過ごせる環境づくりに努めています。事故が起きた時の迅速な対応や教訓化について、心がけています。

●「万が一」に備える 〜防災について〜
「防災基本計画」を新しく策定しました。この基本計画をもとに、毎年、警備・防災計画や消防計画等を作成します。
施設設備の安全点検を毎月行うとともに、お子たちの防災への意識を高めるために、消防署にきていただいてたり、毎月、避難訓練(火災や地震・津波など)をしたり、小学校と連携したりしています。

●「不測の事態」に備える 〜不審者対応について〜
実に悲しいことですが、文部科学省や新聞報道などによりますと、学校園への不審者の侵入などが、未だ後を絶たないことがいわれています。園では不審者対応のマニュアルを作成し教職員で共有化しています。また、保護者や地域の方にどんどんお出でいただくことがお子たちを守ることにもつながると考えますので、いつでもお出でください。
みなさんの力をあわせましょう
西六や堀江の連合町会をはじめとする地域の皆様が、防犯パトロールや見守り活動をしてくださっていたり、「子ども110番の家」に取り組んでいただいたりしています。
PTAの皆さんも、子どもの「安全」を守るための取組をしてくださっています。
子どもは、“社会の宝”です。お家の方も、ご自身のお子さんは勿論のこと、この地域の子どもたちの安全を守るうえでできることに すすんで協力してください。

●台風等による警報発令に伴う幼稚園の対応措置について
台風等による警報発令に伴う幼稚園の対応措置について、本園では、従来下記のように行っています。各項目を読んでご留意ください。
また、各ご家庭、保護者の皆様におかれましては、気象情報などに注意してお子様の安全確保に努めていただきますようお願いいたします。
1.幼稚園が「臨時休業となる場合」について
午前7時現在、大阪市に「暴風警報」が発令されている場合のみです。
(暴風警報以外の警報では、臨時休業とはなりません。テレビ等のニュースにご注意ください。午前7時を過ぎて「暴風警報」が解除になっても、その日は休みとなります)
2.その他の場合
午前7時を過ぎて「暴風警報」が発令されたり、道路が冠水したり、地震が発生した場合等々、その時点での状況によって、園長が危険と判断したとき、臨時休業とする場合があります。その際には、メール・電話等で連絡いたしますが、緊急時には、保護者の皆様の自主的判断で自宅待機させてください。

・登園はしたものの、状況の変化によってやむなく保育を途中で打ち切り、降園する場合や、幼稚園で保護待機をする場合があります。保護者の皆様におかれましては、日々所在をはっきり知らせておいていただき、いつでも幼稚園から連絡がとれるよう、ご留意のほどお願い申しあげます。

・地震等により、午前7時現在、JR大阪環状線及び大阪市営地下鉄(ニュートラムを含む)の双方が全面運休している場合、幼稚園は休業となります。

学校安全計画(PDFファイル)