味原幼稚園 Top → 年間行事 → 本頁






各組の取り組みについて
(リンク先でご覧ください)




 子どもたちは、生活や遊びの中で体験したことや感じたこと、心を動かされたことなどをかいたり、つくったり、飾ったりして表現することが大好きです。
 はじめは何気なく筆を動かして、かいている内に何かに見立てたり、形が組み合わさったところから、イメージを広げたりしていきます。「○○かいたよ」などと自分の思いを表現し、「先生、見て、見て」と見てもらうことで「(表現して)嬉しかった」という満足感をもち、次の表現意欲につながります。
 豊かな感性は、身近なものと関わる中で出会った心を動かす体験や感動を、その子なりの様々な方法で表現し、先生や友達、お家の人と共有していくことで養われていきます。おうちの方は、絵が形になっているかで判断するのではなく、自分の思いを絵の中でのびのびと表現しているところや子どもらしい表現、色使いなどに目を向けていただきたいです。そして、子どもの話にしっかりと耳を傾け、「うまい、下手」ではなく、「色が綺麗ね」「こんなに楽しかったのね。よかったね」などと、わかりやすい言葉で褒めてあげてください。
 また作品も、年齢や子どもによってその表現方法は様々です。家から持ってきた箱やカップなどが、子どものイメージでは、車や動物など、いろいろなものに変身していきます。素材からイメージを広げ、つくっていく中で、構成したり、飾ったり、試したり、失敗してやり直したりして、やっとできたときの喜びはひとしおです。

 3歳児は素朴な表現の中にその子なりの思いが込められています。大人には分かりにくいものがあるかもしれませんが、子どもにとっては世界でたった一つの表現になっています。
 4歳児は、自分なりにイメージを広げ、手先をつかって自分のつくりたいものを考えながらつくることを存分に楽しんでいます。友達からの刺激も受けて、工夫する姿も見られます。
 5歳児になると、何日もかけて丁寧に取り組んだり、うまくいかなくても何度も試したり、友達と共通の目的をもってつくりあげたりしています。光の通り具合をみながらステンドグラスをつくったり、自然物を組み合わせてオブジェをつくったりして、じっくりと取り組む姿も見られました。

 それぞれの年齢に応じて、子どもたちが様々な素材や表現の仕方に親しんだり友達の表現に気付いたりするよう配慮し、楽しんで表現する過程を大切にしてきました。作品に込められたいろいろな思いや、工夫したり、頑張ったりしたところに耳を傾けながら、作品をゆっくりとご覧ください。





展示作品の180度パノラマ写真 (拡大できます)

左端からすみれ組(5歳児)~さくら組(4歳児)~右端 たんぽぽ組(3歳児)です。


bottan
( 拡大するパノラマ写真は 横幅:約5700px、容量:約1MBです )


このページは「タブのX印、ファイル→終了」等の操作で閉じてください。


▲ページトップ