大 阪 市 ・ 市 章

 みおつくし(澪標)は、昔、難波江の浅瀬に建てられて

いた水路の標識です。摂津名所図絵などには、クイの上に

×印をつけただけのものが描かれ、天保年間の絵図などに

は、今の市章のような形のものが描かれています。大阪の

繁栄は、昔から出船入船に負うところが多く、長らく人々

に親しまれていたところから、明治27年4月、みおつくし

が市章に制定されました。              

大阪市歌について


トップページへ