G-BEL (GLOBAL BUSINESS EDUCATION LABORATORY)

グローバルビジネス教育研究所

HOME | グローバルビジネス教育研究所


大阪市立大阪ビジネスフロンティア高等学校は、将来グローバルビジネススペシャリストとして社会で活躍する人材を育てるため、高大7年間接続教育を行う商業教育に関する専門高校です。
G-BEL(Global Business Education Laboratory:グローバルビジネス教育研究所)は、高校における新しい商業教育において、教育の在り方を検討するため、本校に設置された共同研究体です。
現在連携している大学において、具体的な進学後の専門性の深化、先鋭化がされている大学もあれば、カリキュラム部分の連携は進行中という大学もあります。そういったことを検討する場として、本校では、大学との共同研究体G-BELを連携大学と開設しています。
このG-BELの活動の継続を担保する組織作りを通じて、連携大学との連携内容の常時見直し体制を構築しています。
参加者のスケジュール調整が難しいなか、「高大連携7年間での学びの深化、先鋭化」にむけて、高校と大学が直接コミュニケーションをとり、具体的な議論もできる貴重な場となっています。
開校5年目となった平成28年度は、開校当時から高大接続科目であるビジネス基礎(1年)、ビジネスマネジメントⅠ(2年)、ビジネスマネジメントⅡ(3年)で使用している本校独自のテキスト『ビジネス・アイ』(1年)・『ビジネス・マネジメント』(2・3年)の改訂作業をG-BELで行いました。
改訂作業を通して生徒にとって難解な箇所や授業展開の難しい箇所について議論し、テキストの資料やデータを更新しました。