学びの特色

大学との連携

連携大学とはカリキュラム接続がされていて、在学中で学んだ専門性をさらに高めるための特別プログラムが用意されています。
高校・大学7年間の高大接続カリキュラムのうち、在学中には次のような連携事業があります。

ビジネス基礎・ビジネスマネジメント特別講義

連携5大学のほかに、関西の有力大学の研究者に特別講義を行っていただいています。
ビジネス基礎特別講義では、『ビジネス・アイ』のテキストを執筆していただいた関西大学廣瀬幹好教授から、「『ビジネス・アイ』がめざすもの」についての講演がありました。
また、「企業と会計とCSR」というタイトルで大学で何を学ぶかについて、大阪市立大学向山敦夫教授に講義していただきました。

大学の見学・講義参加・ゼミ参加

校内の施設を見学してから、大学生が受講している通常の授業に参加します。そして、ゼミで与えられた課題を調査研究し、プレゼンテーションします。

国際会計検定(BATIC)講座

英語による会計帳簿の記帳及び管理に関する筆記試験に対応できる知識を学習します。

経営コンサルティング実践講座

高校生・大学生・留学生がチームを作り、アパレル系企業を実地調査し、企業から与えられた課題を研究して解決に取り組み、その成果をプレゼンテーションします。

ビジネス英語の達人養成プログラム

英語のスピーチを基礎から徹底的に学び、地球温暖化などの時事問題をディスカッションします。