学びの特色

『ビジネス・アイ』と『ビジネス・マネジメント』

『ビジネス・アイ』『ビジネス・マネジメント』で学ぶ
「経営リテラシー」

次の図は、日本学術会議がまとめた「経営リテラシー」の概念です。
 
 
これらの「経営リテラシー」を学ぶことにより、ビジネスに関する幅広い知識を身につけ、さまざまな分野から物事をとらえることができるようになることが、ビジネスのスペシャリストとなる鍵だと考えられます。
本校では、1年生で学ぶビジネス基礎の時間に、教科書とともにビジネスの基礎のみならず、ビジネスを初めて学ぶ高校生を対象としたテキストとして『ビジネス・アイ』を活用しています。
この『ビジネス・アイ』のテキストは、連携大学である関西大学商学部の廣瀬幹好教授に、本校のために執筆していただいたものです。このテキストを活用することで、教科書の向こう側にある経済社会を学ぶことができます。

『ビジネス・アイ』『ビジネス・マネジメント』のめざすもの

 

『ビジネス・アイ』は、経済社会の基本的なしくみを理解し、ビジネスを正しく見る眼(Eye)、そしてビジネスを変革する心(愛)、を持ったビジネスリーダーを育成していくことをめざしています。
高度化・多様化する経済社会を創造・変革することで、ビジネスの革新者となってほしいという思いを込めた授業内容になっています。

「実学」を学ぶために

従来の商業高校では、教科書に記された内容をもとに、講義を中心に知識を身につけていくものが多くありました。
本校では、従来型の指導方法には、ビジネスの本質はなく、新たな創造やアイディアの発掘など、これから先のビジネスを展開していくための力は身につけにくいと考えています。
そこで、「自分で物事を考え、知恵を身につけさせる」実学中心・アクティブラーニング型の授業展開や評価方法に積極的に取り組んでいます。

大学や産業界からの学術支援

 
 
『ビジネス・アイ』を学ぶ内容に関連して、特別講座を大学や産業界から講師をお招きして講話をしていただいています。
特別講座を実施することにより、経済社会の実態に即した学習をして、ビジネスを学ぶよろこび、おもしろさ、楽しさを味わうことができます。

ビジネス・アイ〔第2版〕

廣瀬幹好 監修・著/G-BEL 編

1.ビジネスとは何か
  1.1 ビジネスのイメージ
  1.2 企業:ビジネスの中心的存在
  1.3 ビジネスのスタート
2.ビジネス・マネジメント
  2.1 ビジネス・マネジメントとは
  2.2 ビジネス・マネジメントと会計情報
  2.3 ビジネス・マネジメントと情報技術
3.変化するビジネス活動
  3.1 産業を知る
  3.2 生活と産業の変化
  3.3 グローバル化とビジネス
4.ビジネスの成功とイノベーション
  4.1 ビジネスの成功
  4.2 成功の指標
  4.3 ビジネスの成功とイノベーション
 

社会はいま、イノベーター(革新者)を求めている。リスクに大胆に挑戦するイノベーター。現代ビジネスの革新者になるために、日常の中に溢れているチャンスをつかむ、ビジネス・アイを磨こう。
出版社:株式会社文眞堂
http://www.bunshin-do.co.jp/catalogue/book4935.html(外部のサイトにリンクしています)

ビジネス・マネジメント〔第2版〕

柴 健次 監修/G-BEL 編

第1部 ビジネスと経済社会
  第1章 経済の視点と企業
  第2章 市場経済システムと市場メカニズム
  第3章 市場と企業と政府
第2部 ビジネスの担い手
  第4章 ビジネスの担い手としての企業
  第5章 典型的な企業としての株式会社
  第6章 規制の下での企業間競争
  第7章 企業の社会的責任
第3部 ビジネスのマネジメント
  第8章 人的資源のシステムとマネジメント
  第9章 資金循環のシステムとマネジメント
  第10章 商品生産のシステムとマネジメント
  第11章 マネジメントに指針を与える経営戦略
  第12章 マーケティングのマネジメント
  第13章 コストのマネジメント
第4部 ビジネスとグローバリゼーション
  第14章 国際貿易
  第15章 ビジネスと為替レート
  第16章 グローバリゼーションと多国籍企業
 

『ビジネス・アイ』の姉妹本となる本書は、高校生が分かることを目標に執筆されている。前書でビジネスをみる目を養い、本書でビジネス・マネジメントの重要概念が習得できる。経営リテラシーの普及を推進する著者がたどり着いた結論をまとめ、経営リテラシーの幅広い普及法を提示した意欲作。本書で学べばビジネスセンスが身についている自分が発見できる。
出版社:株式会社文眞堂
http://www.bunshin-do.co.jp/catalogue/book4936.html(外部のサイトにリンクしています)