西高校の国際交流

本校では、長年、積極的に国際交流を推し進めています

その主な活動を紹介します。

姉妹校訪問とホームステイ(4月募集)7月

本校生約20名がオーストラリアのメルボルン近郊にある姉妹校のパークデール・セカンダリー・カレッジを訪問し、約7日間のホームステイを体験します。ホスト生徒宅から共に登校し、日本文化の発表 をしながら、パークデール校の授業に参加しています。

最初はオーストラリア英語のコミュニケーションで戸惑うこともありますが、ホストの生徒が、同じ年頃の高校生なので、慣れるに従って、気持ちがわかり合える喜びを実感できます。また、離れてみて始めて家の人の大切さを実感し、少し大人になって帰ってきます。

当該年度参加の生徒は、原則として次年度9月にホストを引き受けていただくことになります。ただし、姉妹校から訪問してくる生徒数等の条件により、ホストを引き受けていただけない場合もあります。

また、9月中旬には1年おきにパークデール校が西高校を訪問し、授業に参加してオーストラリアの食べ物や衣服・文化・観光地などを紹介してくれます。どの発表も、大変興味深いものです。また彼らが一生懸命話す日本語を聞いて、自分も頑張りたいと思う生徒がたくさんいます。毎年来校が楽しみです。

最近の国際交流の様子は、以下のリンクからご覧いただけます。

2017年(パークデール校訪問)の様子

2016年(ベイビュー校訪問)の様子

2015年(パークデール校訪問)の様子

オーストラリアのお菓子について紹介

英語が思った以上に通じることを実感!

短期留学(前年度12月募集:1・2学年全学科対象)毎年7月~9月予定

前年度に選考された2名の2、3年生が、パークデール校で、約6~7週間のホームステイと本格的な授業参加を経験します。英語力もアップ し、休日の活動範囲も交友範囲も広がります。卒業後も家族ぐるみで交流するくらい、ホストファミリーとも一層固い絆で結ばれるようになります。

これは、双方の短期留学生が、約8週間お互いのホストファミリーを引き受けるシステムで、西高生帰国後、パークデール生が来日し、9月中旬より、約6~7週間、西高校で勉強します。

パークデール生は、ホスト生・クラスメートや先生方から日本の生活に慣れるようにアドバイス を受け、毎年送別会では、お互いに名残を惜しむ姿が見られます。

茶道のお点前を最初から教わりました

送別会での様子

ホストファミリーの体験

「オー ストラリアに行くのは無理!」という家庭も自宅で国際交流ができます。
パークデール生の約6日間ホストファミリーのほかに、1日だけの英国高校生のホストなどもあります。

料理はいつも通りのものを出し、部屋も西高生と同じ部屋で十分です。「大変かと思ったけど、楽しかった!」 「家族全員が喜んだので、またホストファミリーをしたい!」という感想も多いため、受け入れ希望は、原則として先着順になっています。

2016年 パークデール校 来校の様子

2014年 パークデール校 来校の様子

異文化交流体験

本校では、姉妹校だけでなくそれ以外の国々の文化や生活を幅広く知るために、海外からの訪問を積極的に受け入れています。

自国の文化・教育制度について、模擬授業をしてもらいました。

2017年 インドネシア教育大学 来校の様子

2016年 台湾の僑泰高級中学 来校の様子

2015年 イギリスのホワイトヘイヴン高校 来校の様子


大阪市立西高等学校
大阪市立西高等学校
Osaka City NISHI Senior Highschool
Osaka City NISHI Senior Highschool
〒550-0014
大阪市西区北堀江4-7-1
TEL 06-6531-0505