流通経済科1年生 大学見学

平成29年10月20日中間考査最終日考査終了後に、流通経済科1年生がバス2台で甲南大学に見学に行きました。
施設見学では、甲南大学のゴージャスな設備施設に歓声を上げ、その後は、本校学校協議会副会長の甲南大学経営学部渡邊和俊先生の特別講義を受講し、 有意義な大学見学となりました。

 

 

 

先頭へ戻る


情報科学科2年生 大学見学

平成29年10月31日に、京都産業大学と立命館大学に見学に行きました。
 京都産業大学では、サーバールーム・実験住宅・脳科学実習・心理情報実験室の4か所を見学させていただき、 それぞれの教授より、ご説明をいただきました。残念ながら、ファシリティルームは、まだ工作機械が納入されておらず 空間だけが準備されており、1,2か月後から機械が設置されるそうです。

 サーバールームの並列演算サーバは、128個のプロセッサによる並列演算可能なコンピュータで、 ストレージも200TByteという大容量の機器でした。これらが館内を1GbpsのLANで接続されているそうです。

 実験住宅は天井裏や床下・壁の内側などに機器を設置し、ロボットと暮らす未来の生活を研究する施設でしたが 時間の都合により残念ながら、外部から住宅を見学する時間が取れず、内側からの見学のみとなってしまいました。 ぜひ、天井裏の様子など見てみたかったものです。

 脳科学実習では、腕に電極をつないで、動作による筋電流の測定実習を大学生が行っている様子を見学させていただきました。 腕の動作に合わせ、電流が計測されるのですが、動作の違いで電流の波形が異なり、また、疲労時には異なる波形が観測されるそうです。 そのような、波形の違いを研究する事により、人の疲労度の測定なども可能となり、実験住宅に設置されているセンサーとの 組み合わせで、体調管理などにつなげることができるそうです。


 一方、立命館大学では、大島登志一教授による学部紹介とvirtual realityに関する講義を受けました。 HMDを中心に語られるVRですが、2016年にHMDの市販が一気に広がったためで、VR本来の意味や、人の視覚に関する お話などをしていただきました。

 

生徒たちも、大学の雰囲気を感じ、進路について意識を向けたようで、有意義な1日になりました。
 最後になりましたが、お忙しい中、見学の準備をしていただいた大学の関係者の皆様・校内見学のご案内を頂いた 学生の皆様、本当にありがとうございました。

先頭へ戻る


大阪市立西高等学校
大阪市立西高等学校
Osaka City NISHI Senior Highschool
Osaka City NISHI Senior Highschool
〒550-0014
大阪市西区北堀江4-7-1
TEL 06-6531-0505