理 数 工 学 科     
本文へジャンプ
                     実習風景■■

 理数工学科では主に、物理、化学の実習を行います。
1年生では、「工業技術基礎」、2年生では「理数工学実習」という科目で週に3〜6時間実習を行います。3年生では実習に加え、実際にプラントに入りアルコールの製造や機器分析を行います。
 また、安全かつ効率よく実習を行うために実習前には口頭試問や実習ノートの確認、小テストなどを行います。

1年生 工業技術基礎
情報
 情報の実習では、Wordによる文章作成や、Excelによる表計算といった基本的なパソコンの扱いを学び、Powerpointを使ってのプレゼン作成も行います。

物理
 物理の実習では、主に電気に関する実験を行います。電気について実習で学んだあと、第2種電気工事士の免許取得のため実際に工具を用いて簡単な作品を作ります。

有機
 有機の実習では、主に高分子化学の分野に関する実習を行います。高分子化学で取り扱うものとして、タンパク質や合成繊維があります。
 合成繊維を実際に合成したり、タンパク質の性質を実験によって確かめます。

無機
 無機の実習では、水素や酸素の発生と捕集や水酸化ナトリウムの性質を実験によって確認します。
 ビーカーや試験管、ガスバーナーなどの基本的な実験器具の取扱をこの実習により学びます。

2年生 理数工学実習
定性
 定性の実習では、金属イオンの定性を行います。
 金属のイオンは加える薬品や温度などの条件によって、色の変化や沈殿の生成が起こります。これらの変化からどんな金属のイオンが含まれているかを調べます。

定量
 定量の実習では、中和反応や酸化還元反応を用いて濃度のわからない薬品の濃度を求めます。
 この実習より、実験で得られたデータから数値を計算したり、より複雑なガラス器具の扱いを学びます。

物理U
 2年生の物理実習では、力学に関する実習を主に行います。
 実験よって得られたデータをノートにまとめ、それを用いてプレゼンテーション用資料を作り、自分の行った実験データやそれに関する考察を発表します。

有機U
 2年生の有機実習では、ニトロベンゼンやアニリンに関する実習を主に行います。
 アニリンは染料、ニトロベンゼンは様々な物質の原料となります。これらの物質を1から合成します。