理 数 工 学 科     
本文へジャンプ
本文へジャンプ
                     取得資格■■
 理数工学科では資格取得にも力を入れています。生徒の意識向上や就職の際に有利になるだけでなく、近年では、大学推薦入試の際に優遇されることもあり、生徒の興味、進路希望に応じた資格取得を奨励しています。

■ 実用英語技能検定[文部省認定]
文部科学省認定の検定試験で、英語力を証明する試験です。大学入試の推薦条件などに使われています。試験は年2回行われ、1次・2次に分かれています。3級は1年生のほとんどが合格しています。準2・2級も多数の生徒が合格しています。

■ 危険物取扱者乙種[経済産業省](国家資格)
危険物を取り扱うための免許で、取り扱うことのできる範囲で甲種・乙種・丙種の3種類に分類されています。乙種と丙種は受験資格が特にないので誰でも受験できます。試験は年4回行われ、理数工学科では多数の合格者がいます。毎年、卒業までに乙種の全類を取得している生徒が10名程度います。

■ 第2種電気工事士[経済産業省](国家資格)
電気に関わる工事に従事するための資格で、年1回学科と実技試験があります。理数工学科では希望者に対して補講を行っています。
1年生の実習では第2種電気工事士の受験に必要となる、基本的な技術指導も行います。

■ 計算技術検定[全国工業高等学校長協会]
関数電卓を利用した計算能力の検定で、年2回試験が行われます。級が上がるほど高度な数学的能力が要求されます。1年生で3級を全員受験。1・2級は希望者が受験しています。

■ パソコン利用技術検定[全国工業高等学校長協会]
全国工業高等学校長協会が行うパソコンに関する検定試験で、年2回実施されます。1級はデータベース(SQL)、2級は表計算、3級はワープロに関する内容の学科と実技を行います。

この他に、数学検定、漢字検定なども受験しています。(希望者のみ)