機械科紹介

 製鉄から航空機・鉄道・自動車・船舶をはじめ、工作機械・土木建設機械・空調・電機・製薬・食品産業に
いたるまでの、あらゆる産業の母体である機械技術も、めざましいコンピュータの発達によって、ハイテク技 術の導入など、非常な勢いで変化をしています。 機械科では、それらの時代に対応すべく、創立以来の歴史と伝統をふまえ、実践的な機械造りのスペシャリ ストを目指して、機械設計・製図、原動機、機械実験・実習などの基礎・基本的な理論や知識・技術のうえに コンピュータによるCAD/CAM、NC・MC工作機械などの最先端のハイテク技術やシステム制御にいた るまで、幅広く学習し、実力をつけ、ソーラーカーやリッターカーやロボットなどの製作にチャレンジし、各 種大会において優秀な成績を上げてきました。  また、あらゆる分野に適応する機械技術のスペシャリストとしての資質を高め、創造性豊かな人格形成にも 力をいれるとともに、進学希望・公務員希望・資格取得に対応した学習内容も設定するなど、生徒一人ひとり の希望に応じた就職・進学の実現に努力し、実績を上げています。
 科   目
科 目 内 容 の 概 要
工業技術基礎

小型エンジン分解・組立、鋳造・鍛造・旋盤などの実習や制御の基 礎実習を通して必要な技能・知識・態度を体験的に習得する。
機 械 実 習
各種工作機械による切削加工、溶接・塑性加工、CAD/CAM、MC等コン ピュータ制御工作機械加工、エンジンの分解・組立、原動機実験、材料試験、計 測・制御実験等の実験・実習を行なう。
課題研究
ソーラーカ−、リッターカー、ロボット、バッティングマシン等の製作、CA D/CAMなどの応用・研究、工業英検などの各種資格取得など、自主的に課題に挑戦し、問題解 決能力を養う。
情報技術基礎 コンピュータの基本操作から、ハードウエアやプログラミングの基 礎的知識と技術を習得し、情報の意義・役割や活用能力を養う。
工学基礎
図学の基礎知識と作図、ならびに、電気の基礎知識を習得する。
機械設計
機械に関する基本的な力学計算、ならびに、各種の機械要素の設計法を 習得し、減速機などの卒業設計・製図を通して応用能力を養う。            
機械製図
製図に関する基本的知識や技術、ならびに、機械要素の規格や図面を理解 し、減速機などの卒業設計・製図を通して応用能力を養う。
機械工作
機械材料の性質・用途や鋳造、溶接、塑性加工、切削加工等の理論や技術を習得する。
原動機
内燃機関、蒸気機関、流体機械、冷凍装置の基礎的な理論や各機関の構造を習得する。
生産T・U
工作・原動機や設計・製図の応用についての理論や技術を習得する。
制御T・U
センサー・シーケンスやコンピュータ制御の理論や技術を習得する。




Home    次へ